SMグッズ

SM出会い失敗事例|会話編

会話が最も重要です。女性が嫌な思いをするような会話は避けましょう。信頼関係の構築において、会話は最も重要です。会話の目的は、女性を知ることではないでしょうか。ヒアリング能力が試されます。バランスよく会話の5割以上は女性にしゃべってもらうイメージを持たれると信頼関係は構築しやすいのではないかと思います。 > SM失敗事例 TOP

  1. 聞く姿勢ばかりとって、質問をしてもらえず話が盛り上がらなかった
  2. 話しかけるのをやめるとずっと沈黙状態だった
  3. 何か質問はありますか?と聞いたら、「ファーストキスはいつですか?」と聞かれた
  4. キャバクラのNO1の女の子に何人も惚れた話をされていい気分にならなかった
  5. どんな質問にも浅い返答ばかりで、S男性として魅力、威厳、パワーを感じることはなかった
  6. いきなり本名を聞かれて嫌で、教えたくなかった
  7. 自分の話ししかしてくれなくて会話がずっと一方向だった
  8. 仕事何をされているのかと質問。答えに1時間以上かけた事例(50代)
  9. あまり目を見て話してくれなくて、なんだか自信がなさそうな人だった
  10. 仕事の愚痴をいってしまった事例(50代)現実に引き戻されてしまった。
  11. 女性のプライベートをかなり聞いてしまった事例(50代)駅名は聞かず沿線くらいにしておく。
  12. 具体的すぎる性癖を披露してしまった事例(30代)女性は怖がります。
  13. じゃベリ方が嫌だった。
  14. 考えている時に、手を頬に当てる癖があって、なんか気持ちが悪かった。
  15. ずっと自慢話とうんちくばかりで、途中で帰りたくなった。
  16. 話の9割が男性だった。
  17. お店に着く前に歩きながら、大学や仕事・職種などプライベートな事を聞いてくる
  18. 「答えにくかったら答えなくて良い」といいながら、プライベートな事を結構聞いてくる
  19. お酒を飲む前に酒癖が悪いと宣言された
  20. 炭酸飲めないと記事に書いてあるのに、把握しておられずビールを勧められた
  21. 前半からほぼ全てSMの話。普通の趣味の話などが無く、M技術や趣向のアピールばかりだった。
  22. 趣味の話が無く、個室じゃなかったので、周りを気にしてしまい、SMの話も出来ないので、全く会話が盛り上がらない
  23. 仲良くなると返信を求めない取り留めの無いメールを送ると宣言され、意図が理解できなかった
  24. 話をしているときに割って話を何度もされて、なんかだんだん腹が立った。
  25. 出会いの時に終始SMの話をされて、私自身には興味がないのかな?と思った。

関連記事

  1. 静岡、名古屋トビラの会加盟サークル「BerryFun」サイトリリース

  2. お食事会

  3. SARA(サラ)について

    お問い合わせの返信について

  4. 交通費の考え方

  5. 実際に私が出会ったSM性癖の方々(SM世界の住人達)

  6. アニメの市民権

  7. ハイスペック男子

  8. トビラの会様 食事会の報告とお礼