ドンファンから学ぶ

前回”紀州のドンファン”の話をしました。

前回と同じリンクですが

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50655

この中でどうやって女性と出会ったか?(女性にとっても素敵なお相手を見つけるために)という事が少し書いてあります。

ドンファンは最初キャバクラや、クラブで女性を探していたようです(彼の目的は関係を持つことです)しかし、そこは夜のご商売の女性ですから・・・。

そんな中、交際クラブ(デートクラブ)に行きついたようです。交際クラブとは男女を引き合わせることをビジネスとしています。女性は登録料ほぼ無料。男性は入会金、年会費、女性との出会いに料金が発生します(金額は各デートクラブによって随分と開きがあるようです)

彼は言っています。

「児童買春というような法律に引っかかる心配はなし。あくまで二人の自由意思によって、エッチするかどうかが決まります。

クラブのホステスさんを口説くためには、客は財布が痛むのを知りながらも本能の命じるままに何度も通わなければなりません。

私もかつてはその一人でした。

どうしても好みのホステスさんを口説こうと熱を入れていました。ただ、毎晩のように店に通ったとしても口説ける保証はまったくなく、金をドブに捨てるようなこともしばしばでした。

それと比較して交際クラブは大人の割り切りができるので、私にとっては非常に楽なシステムです。飲みたくもない酒を飲んで同伴出勤をしたり、アフターに付き合ってお気に入りのホステスさんを口説いたりするのは、今では馬鹿馬鹿しいと思っています。要はエッチをしたいという自分の欲望を満たしてくれればいい。そのうえで体も心も相性が合えば結婚することもやぶさかではありません。私としては、交渉は手っ取り早いほうがいいわけです。」

このシステムは女性にとっても都合のいいことが沢山あります。

相手の身元が分かっている。

嫌なら今後は合わなくてもよい。

トラブルがあったら交際クラブが窓口になってくれる。等です。

私はキャバクラやクラブを否定しません。綺麗なお化粧とお洋服をまとい、竜宮城な浮世離れした所でお酒を飲まれるのはどんなに美味しい事でしょう。

ただ女性を口説くなら、お店に通ってくれるお客だから愛想笑いしてくれる女性よりも、最低でも二人の時間のために愛想笑いをしてくれる女性を選んだ方がいいのでは?

愛想笑いと書きましたが、二人の時間が本当の笑いに変わることもあります。

ここでSMパートナー紹介SARAの代表から一言。

SARAは男女にSMの妄想がある方同士を繋げます。SM妄想と言うのはその方のお悩みの一つでもあります。男性の場合単純にSEXしたいのであればそういう風俗はあります。SMという事になると簡単にはいきません。女性の場合はもっと深刻で、結局心の奥に押し込めなければならないです。

ですから、SARAにはお金目的の女性はいらっしゃいません。そういう方はお断りしています。お金ではなく楽しくご自分の欲求を満たしたいという方に限ります。また、男性も「金で女をどうにかしてやる」という方はお断りしています。(ただし経済的に困窮されている方は、女性に対して素敵な時間を提供できないとも考えております

男女ともネガティブな気持ちを持たずご連絡ください

<トビラの会ネットワーク加盟>

埼玉 群馬 栃木SMパートナー紹介 SARA

 

👇

https://sara-partner.com/inquiry/

 

kaisender / Pixabay

 

 

 

 

関連記事

  1. 広島 岡山トビラの会”pure”様緊縛講習会のお知らせ

  2. 8月前半にご入会された方々 <男性編>

  3. SARA(サラ)について

    お問い合わせの返信について

  4. ちょっとかわいいアイアンメイデン

  5. 実際に私が出会ったSM性癖の方々(SM世界の住人達)オカダの話2

  6. 尊敬する?紀州のドンファン

  7. 私のSMパートナー

  8. 憂い